乾燥や日焼けとアフターケアに注意

ブリアン,虫歯予防に効果的な方法

 

肌が炎症を起こす状態を回避するためには、十分なアフターケアが必要です。

熱を奪って冷やすことが重要です。

十分に冷却することで毛穴も引き締まります。

熱を取るために冷やすことが鍵です。

しっかり冷やすことで毛穴を引き締めることもできます。

脱毛をする時は乾燥にも注意しましょう。

日焼けはお肌の水分が失われる失われる状態とも言い替えられます。

外にあるコップの水がぐんぐん蒸発していくことをイメージしてみてください。

日焼けというのはこういう状態、簡単に言うと、水分が失われている状態なのです。

脱毛すると決めたら最後に注意する事はアフターケアをどうしたらいいかです。

実はアフターケアを手抜きせずするかどうかで、その後のお肌に影響します。

この、アフターケアをしなかったらどうなるのか、自分でネットや雑誌で詳細を調べてみましょう。

脱毛処理後の肌は熱を持っている為、冷やす必要yがあり、保湿も必要です。

脱毛前にすでに乾燥肌だったら、脱毛後の肌はもっと乾燥がひどくなり、一生懸命保湿を心掛けても間に合わないお肌の状態になります。

脱毛後のアフターケアは、まず、熱との闘いです。

熱を持ってしまった肌はなかなか通常の状態に戻れず、赤くなった状態で、次の闘う相手は乾燥です。

赤くなった肌は、みるみる潤いを無くし、肌は粉を吹いた様にひび割れた状態になるのです。

肌が炎症した状態から逃れっるため、保湿してあげることも重要。

脱毛した後は、毛穴から毛が抜かれてなくなった状態ですから、このタイミングで保湿することは肌を最高の状態にしてくれる大きな効果が期待できます。

保湿といっても、お風呂の後にいつもしているような量ではなく、たっぷり使うと良いでしょう。

脱毛しようとした時の注意点で大切なことは乾燥と日焼けです。

炎症を起こさないように警戒することが大切ですので、日焼けには最も注意が必要なのはご存知だと思います。

日焼けとは軽い火傷です。つまり、炎症を起こしているのと同じ状態だということなのです。

炎症を起こしているのに脱毛したら肌への負担は大きすぎます。

脱毛後はお肌が乾燥しやすく、レーザー脱毛後は格段お肌を保湿する事が大切。

乾燥しているお肌は、皮膚の水分量が極端に少なく、この状態でレーザーに当たってしまうと、保湿されているお肌と比べ痛みを強く感じてしまい、脱毛効果が半減してしまうことも。

毎日のお手入れの、入浴後の保湿に加え、真面目にボディークリームや乳液を使って保湿するようにしましょう。

赤みを帯びて乾燥しカサカサになった肌がもっとヒドくなると、ちょっとした日光からの刺激も受けてしまうのです。

少し赤くなっているだけの肌がよりいっそう炎症とよばれるほどの肌の状態になってしまうので、こういうことになったら、病院で診てもらわないとキレイには治らないでしょう。

保湿しても乾燥肌には、つやつやのお肌になりたいと強く思ったら日焼けには絶対に気を付けて、肌が乾燥することから守るために入浴したらお肌が乾く前に保湿剤などで潤いをキープできるようにしましょう。

関連ページ

埋没毛に注意
ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、脱毛と埋没毛について考えたいことをご紹介しています。
脱毛後の生活、肌の状態に気を付け脱毛方法を見直しましょう。
ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、脱毛について考えたいことをご紹介しています。脱毛後の生活、肌の状態に気を付け脱毛方法を見直しましょう。
ムダ毛とは何ぞや?脱毛で綺麗な肌になるために。
ムダ毛とは何ぞや?脱毛で綺麗な肌になるために。ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、脱毛について考えたいことをご紹介しています。