埋没毛に注意

埋没毛

 

ムダ毛処理で埋没毛が出来てしまう理由は、自分でカミソリで毛を剃ると、肌表面の毛穴の周りに特に小さな傷ができ、それらが炎症を引き起こし角質肥厚状態を生じます。

剃った毛の先がとがることでも、毛穴を傷つけてしまい、そのまま皮膚の内側で育ってしまうこともあります。

傷や炎症などの肌トラブル、それが角質肥厚を招き埋没毛を作るのです。

埋没毛を自分でどうにかして解決したい場合は、消毒済みの毛抜きを準備しましょう。

埋没毛のある辺りを温めて皮膚を柔らかくし、皮膚を少しだけつまんで毛抜きで抜きます。

抜き取った後はしっかり消毒して、状態がひどいなら美容外科などで相談するとレーザーで美しく取り除いてくれます。

無理に自分で処理して悪化させないことが重要です。

クリームを使ってムダ毛処理するなら、除毛クリームも思い浮かびます。

毛を抜くわけではないので肌に優しそうに思われますが、そうでもありません。

表皮に出ている毛を溶かすので、かなり強力なアルカリ性です。

見た目は変わらなくても、肌は強アルカリ剤に触れると表皮が毛羽立ち、非常にかんそうしやすくなるので、自己処理の回数には気を付けたほうが良いですね。

真剣に悩んでいる方は、積極的ケアですぐに埋没毛を治したい!って思いますよね。

埋没毛を見つけたら、保湿と角質ケアに目を向けて、毛が自然と普通に生える環境へ整えましょう。

まず保湿を徹底し肌を柔らかくすることを今日からやってみましょう。

埋没毛の原因って傷と炎症により角質が毛穴を塞いでしまうことです。

傷や炎症ができないようにすればいいので、毛抜きなどで処理している方は、すぐにやめておきましょう。

埋没毛の大きな原因は自己処理です。

毛抜きで抜けば、皮膚を引っ張り、毛穴を傷つけ、皮膚はかさぶたを作ります。

かさぶたとは角質細胞が死滅し乾燥したものです。

死滅した角質の細胞をケアするのに新たな角質が補修作業をするので、かさぶたになった場所は角質が肥大し厚く硬くなります。

その下で新たな毛が生えれば、角質を破れず、どこに行っていいかわからず、皮膚の下へ伸びていきます。

埋没毛が出来てしまったらどうする?大半の方は「放っておく」という反応だそうです。

埋没毛を無理に掘り出すと、毛穴や皮膚が傷んで雑菌が繁殖します。

傷が深くなってしまって、埋没毛も深い場所にでき、負の連鎖を引き起こします。

ですから、出来てしまった埋没毛の最も良い対処法は「放置すること」です。

埋没毛は、放っておけば、自然と毛が伸びて皮膚に自然に伸びた毛が出てきます。

尿素クリームは角質ケア保湿クリームで尿素が配合されたものです。

尿素は硬い角質をほぐして浸透します。角質の硬いところでしたら、尿素がおすすめです。

ただ、柔らかい場所に尿素配合のクリームを使ったら、必要な角質も壊して浸透してしまうので、注意が必要です。

お手持ちのワセリン配合のクリームなど、肌の上に一枚膜を作って保護するような保湿ケアアイテムから使ってみましょう。

脱毛でつきまとう悩みの埋没毛がどういったものなのか知らない方もいると思いますが、埋没毛とはお肌の中で成長してしまう毛のことです。

ムダ毛をなくすためには、埋没毛は仕方がない?

とはいえ埋没毛があれば、本質的に肌を美しく見せられないですよね。

埋もれた毛をやっつけなければ結局ムダ毛は減りません!

どちらを優先するのか、女性としては、悩みどころです。

埋没毛は毛抜きなどを使って処理していてうっかり皮膚を傷つけてしまった時、その皮膚はなおるためにかさぶたを作り、かさぶたの内側で毛が伸びた結果、かさぶたが取れた時点で皮膚の中で毛が成長してしまっているという状態です。

埋没毛で先端が針のようになった毛先は、生える向きを間違えたまま、また皮膚に入っていってしまいます。

皮膚の中で毛が伸びていくという驚きの結果になってしまうのです。

まず処理前、クリームなどを使って肌を保湿したら、肌が修復する力を保つことが出来ます。

処理中に専用のクリームを塗ってから剃れば、肌への負担を少なく剃ることができます。

処理の後は、お肌が過敏になっているので、保湿クリームなどで、肌を柔らかく保ちましょう。

ムダ毛処理をし、かつ埋没毛が出来にくく、その上埋もれている毛が外に出やすい肌環境になることができます。

関連ページ

乾燥や日焼けとアフターケアに注意
ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、乾燥や日焼けとアフターケアに注意と、脱毛について考えたいことをご紹介しています。
脱毛後の生活、肌の状態に気を付け脱毛方法を見直しましょう。
ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、脱毛について考えたいことをご紹介しています。脱毛後の生活、肌の状態に気を付け脱毛方法を見直しましょう。
ムダ毛とは何ぞや?脱毛で綺麗な肌になるために。
ムダ毛とは何ぞや?脱毛で綺麗な肌になるために。ミュゼプラチナムのキャンペーンは、40代前後のアラフォー女子を再び輝かせくれるという体験談とお手入れ内容をもとに、脱毛について考えたいことをご紹介しています。